キャベツのぬか漬に合うワイン

キャネー甲州 祝村川窪2016

  6
 
日本ワインの自然派の代表といえば、金井一郎さんの名が出てくる。
まだ金井さんのワインを飲んだことがないので、信頼するショップの方に聞いてみた。
まず、何から飲めばよいのかと・・・。
「甲州」だそうだ。

ブドウは甲州祝村川窪の甲州種、丹沢英一さんのものを買い付け、成分調整なし。自生酵母のみで発酵させている。

私独自の甲州ワインの感覚があって、それはノドに独特の引っかかり感がするということ。
ミネラルのキツさからくる感覚なのかは不明だけど、そのせいで甲州はあんまり・・・となる。



でも、このワインにはそれが無かった。
じわじわと旨みが迫ってくる。
癒し系ワイン。
コクが少しばかりあってアルコール度数が低いせいかスイスイ飲める。

春キャベツぬか漬日野菜漬に合いました。



  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/






| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲村ワイン 新酒BSM 2016

   3
大阪の羽曳野市にある仲村ワイン工房さんの新酒。

新酒を出されているのも知らなかった。
なので、即買い。

仲村さんといえば、がんこおやじやさちこシリーズくらいしか飲んでない。
あ、大阪メルローも飲んでたなぁ。

この新酒BSMというのは、プト゜ウ品種の略でBがバルベーラ、Sがサンジョベーゼ、Mがメルロだそう。

果実のどーんとした重み、豊かさが感じられる。


こんなワインには毎度のこと日野菜漬
よく漬かって酸味が出始めた春キャベツのぬか漬がよく合う。





  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩の原ワイン 深雪花(赤)

 
 
   37
いまさらながらの深雪花。

こんなメジャーな日本ワインをなんだか飲む機会がなくて、今頃初めて飲んでます。

岩の花葡萄園はマスカット・ベーリーAの生みの親、川上善兵衛が創業したワイナリーです。創業120年余り・・・、新潟県というブドウ栽培にそれほど適してるとは思われない土地で品種交雑をし、なんと22品種も世に送りだしたという。

ベーリーAの華やかな香りと樽熟成からくるほのかなロースト香。
タンニンがおだやかで赤ワイン初心者でもおいしくいただけそう・・・。
 
   36
今が旬のキャベツ(グリーンボール) のぬか漬と合わせてみました。
少し漬かり気味で乳酸発酵からの酸味が出ています。

キャベツは独特の香りがありますが、それと糠の香り、そして発酵からの酸味とが相まって何とも言えずおいしい・・・。
キャベツのぬか漬は売っているお店も少なく、発酵漬物が好きなお客様にファンが多い。

岩の原ワインとともに味わうとワインの甘味が出てきて、よいマリアージュheart01
  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリロジー デ・アギレ・ファミリー エッセンシャル カベルネ・ソーヴィニヨン2014

スタイリッシュなエチケット。
イタリアっぽいけど、チリワインでした。

   41
チリカベ。
ダークチェリーの香り。エレガントでやわらかいタンニン。


キャベツのぬか漬は、予想通り合うheart04

   42

胡瓜のぬか漬、茄子のぬか漬、両方ともよく漬かっているので、けだし(塩抜き)してギュッと手で絞り、おろし生姜をのせて食べる。これとも合うheart01

   43



今日のおかずは牛肉とゴボウの煮物。
これもゴボウの土の香りがあるから?か、合うheart04

   44



今日のおかず、その2。ニラ団子。
甘辛いタレにからめている。これにも合うheart02

   45


このワインはその他日々のおかずとも合いそう・・・。
1000円でおつりがくるデイリーワイン。
CPも最高!

    wine      wine      wine

      <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトー勝沼 イマムラ マスカットベリーA&ブラッククイーン

  40
山梨県のワイン。

目を引くエチケット。
三代目当主の手をモチーフにしたそう。

ラズベリーやコショウの香り。程よいコクとボリューム。フルーティ。
どちらかというと「陰」のイメージのワイン。

  39

これによく漬かったキャベツのぬか漬を合わせてみる。
するとワインが「陽」になる。
イキイキとしたワインになる。
 

     wine      wine      wine

        <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲村わいん工房 手造りワインさちこ弐仟拾参年(2012年)

  31

大阪の羽曳野市にある仲村わいん工房さんのワイン。
初めて飲んだのが、5年前。

こちらの手造りわいん さちこは単一年、ヴィンテージ入りの特別限定品。
通称、ヴィンテージさちこ。
ブドウ品種は甲州50%、デラウェア25%、リースリング25%。
通常のさちこよりリースリング多め。

香りは穏やか。爽やかな酸。
通常さちこよりシャープで厚みがあるように思います。

  32

このワインは和食との相性がよさそうな・・・。
今が旬の京たけのこ漬を合わせてみる。
京たけのこ漬は出汁で漬けているのでワインとは難しい。
ても、このワインはいける!

  33

春キャベツのぬか漬にも合う。

     wine      wine      wine

        <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安心院ワイン ソーヴィニヨン・ブラン

安心院葡萄酒工房の経営母体は麦焼酎の「いいちこ」を造る三和酒類(株)ということらしい。

意外や意外!

 

  Dsc00560   

安心院ワインの泡や赤は飲んだことがあって美味しかったので白に挑戦。

柑橘系のキリッとした香りと青い草と洋ナシの香りがする。
フレッシュな酸。

  Dsc00451_2

花菜漬は青い草同志のマリアージュ。
花菜の甘みが出てくる。
春キャベツのぬか漬も同様に合う。

      wine      wine      wine

        <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

  京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーバーストーン ソーヴニヨン・ブラン

秋も深まる今日この頃・・・、なのに、今日は夏っぽいワイン。

河原の石を積み上げたようなエチケットを見て、きっとミネラルの効いたフレッシュなワインなんだろうな・・・。

   642

ニュージーランドはマールボロの白ワイン。

色はグリーンがかった淡いレモンイエローで
予想通りのハーブや青リンゴの香りにクリーンな口当たり♪

   644

こんな青いハーブの味わいのワインとは胡瓜のぬか漬が合う。
そしてグリーンボールのぬか漬とも葉モノ同士で良い相性♪

茄子はどうかな・・・?と、少し冒険をしてみた。
△といったところか・・・?喧嘩はしてないけれど、マリアージュと呼べるまでではなかった。




       wine      wine      wine

           <<ご注意>>

  漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
  当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

   京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     
 http://homepage2.nifty.com/kawakyu/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドゥブル・ファランギーナ・メトド・クラシッコ 2006

ここ数日、晴れの日が続くということで日頃できない所の掃除とか、冬布団を出したり、ホットカーペットを干したりと忙しく過ごす。

この間、テレビ番組「金スマ」で片づけのカリスマみたいな人が出演していて、散らかったタレントの部屋を見違えるようにキレイにしていたのを観た。

「人生がときめく片づけの魔法」という本の著者で若い女性だ。

なんでも片づけには順序があって、まずは洋服を整理するそうだ。
服を手に取って「ときめき」を感じるものは残して、感じないものは捨てるという基準で選別するやり方。
これは室内着にしよう・・・、ということで残すのはダメなのだそう。

せっかくだから私もこの方法でやってみた。

テレビのようにバッサリとは捨てれなかったけれど
タンスの中が幾分かはスッキリとした。

この何年かで娘の服も増え、タンスがパンパンになり、困っていたので、この結果には満足。

やりとげた充実感・・・、笑。

       622

きれいになった御祝い&頑張った自分へのご褒美にスパークリングワインをあけよう!

イタリアはカンパーニャ州のワインでブドウ品種はファランギーナ。
イタリアは土着品種が多すぎてホント覚えられない。
ファランギーナも何度も飲んでいるはずなのだが、どんな品種だったっけ・・・??

色は輝きのあるイエロー。
芳醇でふっくらとした印象。ハーブ、ドライフルーツ、メロンといった複雑さの中にミネラルを感じる。泡もきめ細かい。
おいしいなぁ・・・!

        385

お漬物は白菜漬キャベツのぬか漬、どちらも美味しくいただけた。

        wine      wine      wine

           <<ご注意>>

  漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
  当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

   京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
      http://homepage2.nifty.com/kawakyu/

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェニンガー シラー・ロゼ2010

      554

シラーのロゼは過去に飲んだことがあって
確か紅茶っぽくてスパイシーだった記憶がある。

これはハンガリー産。
どんな味かなぁ、とワクワクしながらコルクを抜く。

色は綺麗なサーモンピンク。
口当たりが良く、甘酸っぱくて・・・、でも決して甘口ではなくドライ。

ワインが苦手な人も美味しく飲めるし、何より幅広く料理に合いそう!

   559

もう店先では終了した京とまと漬
これは京とまと漬とワインが一体となり、複雑味も増して、素晴らしいマリアージュとなった。

胡瓜、茄子、グリーンボールのぬか漬芽生姜の梅酢漬にも寄り添える、漬物と合わせるには万能選手!

       wine      wine      wine

           <<ご注意>>

  漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
  当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

   京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
      http://homepage2.nifty.com/kawakyu/


| | コメント (0) | トラックバック (0)