ワインのお勉強

おせち料理とワイン

 
  3
おせち料理とワインをマリアージュする勉強会に行ってきた。

おせちとワインを橋渡しする食材、ブリッジ食材にオリーブオイルや粗びき胡椒なども並べられていたが、
なかなか難しい。

ワインもブルゴーニュだったりする。
日本ワインはひとつも無かったのが残念。

おせち料理は日持ちさせるために砂糖を多く使う。
だからワインとおせちを合わすのは難しいのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショウコさんのワイン会

 
  7
元イタリアンシェフのショウコさんのワイン会に参加してきた。

お漬物とつけもの入り和三盆も持って行き、
ショウコさんのお料理と飯田さんのワイン。
いつものメンバーでワイワイとワインの話に花が咲く。
 
  5
   6
   4

楽しい時間おくれました。
ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥スパークリングシャルドネ2015

 
   3_2
奈良県の飛鳥ワインの泡。

自社農園のシャルドネ種を100%使い、瓶内二次発酵による本格的なシャンパーニュ方式で造られたスパークリングワイン。

グレープフルーツのような柑橘系の香り。

ゆず大根を合わせたかったが品切れ。
急遽、田舎漬大根を合わせたが可もなく不可もなく。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一泊二日さぬき旅行

 
   6
お店の連休を利用して香川県に一泊旅行してきました。

香川県にもワイナリーがあるということで、
さぬきワイナリーさんに立ち寄りました。

その日はお休みでしたが見学もできるようです。

ショップも併設されており、ワインを購入。
 
      5
瀬戸の月光

香川県産のベーリーAを主体として作られたライトボディの赤。
甘やかなベーリーAを想像して購入したのですが意外に酸が強めでさっぱりとしたワイン。

家に帰ってベーリーAと相性の良いごま大根と合わせてみたけれどいまひとつ。
 
     4_2

さぬきRED R-1ワイン

香川大学農学部が開発したR-1という名のブドウを使った赤。
なんでも沖縄の野生ブドウのリュウキュウガネブとマスカットオブサンドリアとの交配種だそう!
アントシアニンがカベルネ等の2~3倍多く含まれ抗酸化作用が高く紫色に近い濃い色が特徴。

コクがあるワインだったので田舎漬大根と日野菜漬を合わせてみたけれどいまひとつ。
 
その日の夕食は中国料理。
 
    2
 
長江SORAEというお店。
もともとは東京でされてたみたい。
タクシーでしか行けない不便な場所だけど、予約で満席だった。
お料理も抜群。
 
翌日はお干菓子の体験教室。
 
   1
 
讃岐はうどんだけでなく、和三盆糖が特産。
干菓子の木型を作る工房近くに干菓子作りの体験教室がある。

当店も去年から「漬けもの入り和三盆」を売り出している。
なので、興味がわき、体験してきた。

童心に戻ったような素敵な時間をおくれた。

一泊二日で充実した旅行だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフ・カレル カレル・レ・ダロン2015

  5

ワインショップで「果実味がどっかーん!っていう赤」と、オーダーすると、
このワインを渡された。

信頼を寄せるオーナーさんの言葉を信じる。

フランスはラングドックのワインで
ブドウはグルナッシュ、カリニャンの混醸。
南仏のダロン(オヤジ)ワイン。
カスレに合いそうな濃いめで果実味豊か。カシスやブルーベリーの風味。

「そうよ!そうなの!これなのよ!!」
私の飲みたかったのはまさしくコレ!!
当ててくれたショップオーナー・・・、さすが。
あのオーナーにはハズレがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドメーヌ テッタ シャルドネ2015

   8
岡山県新見市哲多にあるドメーヌ・テッタのシャルドネ。
自社畑産のシャルドネを使っているそう。

ステンレスタンクで発酵、醸造して瓶詰。
熟したリンゴや洋ナシの香り。
厚みもあり、酸もしっかりしている。

ちょうど合わせるお漬物が無かった。売り切れ続出。
胡瓜のぬか漬はどうだろう?
キャベツのぬか漬も試してみたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アズッカ エ アズッコ フロール ビアンコ2015

  80
愛知県にもワイナリーがあるなんて・・・!

やっと手に入れた愛知のワイン。

ブドウは愛知県豊田市勘八町の自社畑産のシャルドネ。
無濾過のため、にごり有り。

リンゴや花の香り。
口当たりは優しい。
ふくらみがあって、繊細な感じ。

・・・、数種お漬物を合わせたが、合わないwobbly
何に合うのだろう・・・?
難解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドメーヌ・ド・ラ・トゥーレーズ アルボア ピノ・ノアール2015

   85
当店の新商品の漬物スイーツ【漬物入り和三盆】。
これに合うワインを探している。

知り合いのインポーターさんに相談してみたら・・・、
ジュラ山脈の西にあるアルボワのピノ・ノアールを勧めてきた。

ブドウはピノ・ノアール100%。
サクランボやイチゴジャムのようなアロマ。
果実の強さはなく、淡くやさし~い。

漬物入り和三盆に合う。
日野菜漬とも合った。
 
  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漬物スイーツにワインを合わせる。

  89
イベント等では販売していた新商品、【漬物入り和三盆


乾燥させた大根の漬物をお干菓子に入れた画期的なスイーツだ。
なかなか好評で、サイトでも販売することとなった。

これにワインを合わせようと、白と赤二本試してみた。

この二本は先月「お菓子とワインの会」に参加して購入したもの。
白は焼きホワイトチョコのお菓子に合わせて。赤はチョコレートバーに合わせるという会だった。
 
  83
白はドメーヌ シュルンベルジュのテール・タルザス2015。
フランスはアルザス地方の白ワインで
ブドウはピノ・グリ45%、ピノ・ブラン30%、ピノ・ノワール25%。

フレッシュでフルーティ。
甘さもあるが酸がしっかりと引き締めてくれている。
奥底に苦みとスパイス香がある。

ワインのスバイス香と漬物入り和三盆のクセがリンクして合う。
  81
こちらの赤ワインはイタリアのプーリア州のもの。
ポッジョ・レ・ヴォルピ プリミティーヴォ・ディ・マンドリア
ブドウはプリミティーヴォ100%。

滑らかでリッチな味わい。ちょっとバニュルスに似ている。
チョコレートには間違いなく合う味。

漬物入り和三盆の和三盆部分に非常に合う。
和三盆はサトウキビから出来ているため、うっすらと黒糖の味がする。
だからだと思う。
 
   wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインと漬物の会in東京

 
東京の池袋にて、ワインと漬物の会が開催され、
私も漬物のお話、ワインエキスパートを取得した動機など、お話しさせてもらいに行ってきました。

あとは、当店は今年90周年になるので、お店の歴史にも触れたお話しもさせて頂きました。
 
  81

ワインは自由が丘の旭屋酒店さまが漬物に合うワインをチョイスしていただきました。
 
  80

このワインに漬物を数種盛り合わせてお出ししたのですが、写真を撮り忘れていましたsweat02

漬物の漬け方やこだわり等、どの漬物にどのようなワインが合うかなどの質問に答えました。

参加された皆様がとてもいい方ばかりで・・・、
慣れない私の話を聞いて下さり、暖かい雰囲気の会でした。
初対面の方ばかりで、どうなるかと不安でしたが、
主催者の方のお蔭で、なんとかなりました、笑。

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧