ゆず大根に合うワイン

熊本ワイン 菊鹿シャルドネ樽熟成2014

    54_2
熊本ワインの菊鹿シリーズのシャルドネは人気が高い。

ワイン友のYちゃんも菊鹿のファンだと聞いた。

こちらの白ワインは熊本県山鹿市菊鹿町産のシャルドネ。
ステンレスタンクで発酵後、樽にて1年熟成。

樽熟なので、ムルソー的な感じかと想像したが、違っていた。
ナッツの香ばしさではなく、厚みを出しているよう・・・。
 
ムルソー系だと早合点し、ごま大根を合わせてみたが、これは△。

思い立ってゆず大根を合わせてみたら、これはいい感じ♪

普通、樽熟だとナッツとか、焦げ臭があり、それと胡麻の焙煎香をリンクさせるのだがこれが当てはまらなかった。これがこのワインの個性なんだな・・・。
      wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レ・ヴィニュロン・ド・オート・ブルゴーニュ クレマン・ド・ブルゴーニュ キュヴェ・シャルドネNV

暖かくなってきた。
もうそろそろゆず大根も終わる。
今晩はブルゴーニュの泡を開けてみた。

  55

フランスはブルゴーニュ産。シャルドネ100%のスパークリングワイン。
きめ細やかな泡。
柑橘系の香りとほんのりとハチミツのような甘み。
まろやかさもある。
だから飲みやすい。

本来、私はブランドブランが苦手だ。
独特のクッとしたキツさがあるから・・・。←わかる人にはわかる表現。
でもこのワインはそれが少なく飲み易い。

ゆず大根は柚子の苦味とワインの柑橘系の香りがリンクして合う。

  54
 

さて、今日はごま大根も食卓にあがっているのでそれにも合わしてみた。
なぜか?どういう理由があってかは不明だが、合っている。
このスパークリングワインは樽を感じなかったのだが、樽熟しているのかも?
その樽香と胡麻がリンクして合っているのか・・?謎。
ゆず大根と同等くらいにあっているから。




   wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイズファーム シードル

 36


日本ワインはやはりお漬物に合いやすく、そのせいで日本ワインをよく飲むようになった。その中でも私的にイチオシなのが富山のセイズファーム。
シードルはお初。
富山県産のふじを100%使用。もちろん瓶内二次醗酵。

味わいはドライ・・・、今まで飲んだシードルの中で一番ドライじゃなかろうか?
厚みもある。ほろ苦さもある。

ゆず大根に合わせてみた。
柚子の香りがじわじわ出てくるって感じ。
合せにくい胡瓜のぬか漬にもなぜだかよく合った。


   wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルミエール ペティアン2012

今晩は山梨県の微発砲ワインを開けました。

   21

ブドウ品種は甲州100%。
瓶内発酵の後、一年間熟成。

感想は「個性的やなぁ!」。
苦味が強く感じる。味は梅っぽい。
泡はきめ細やか。

家庭料理全般に合いそうなワイン。

   22

ワインの苦味と花菜漬のほのかな苦味が合います。
その後、ゆず大根とも合わせてみたけれど、これもOK。

    wine      wine      wine

       <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 

  京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スラ・ブリュット・メトッド・シャンプノワーズ

   460

インドっぽいエチケットでしょう?

珍しいインドのスパークリングワインです。

ブドウ品種はトンプソン・シードレス(サルタナ)80% シュナン・ブラン20%

以前、スラのジンファンデルを飲んだことがあるのですが

深くどっしりとしていて「インドってやっぱり暑い国なのね・・・。」という味でした。

さて、このスパークリングワインは酸がやさしく泡が大きめでなめらかに喉を通って行くデイリー・スパークリング。

例えれば、草食系男子みたいな味(笑)

   455

秋の味、ゆず大根が登場しました。

厳選した青首大根と京都産の柚子を使って漬けています。
柚子は冷凍ものではなく、収穫したてのものを
使っていますので、10月はまだ青い柚子の皮になります。

スラ・ブリュット・メトッド・シャンプノワーズにゆず大根を合わせると、ワインに厚みが出て、草食系男子がちょっとマッチョな男性にへんし~んhappy02

なんだかワインがグレードアップしたよう・・・。

          <<ご注意>>

漬物は作っているお店によって作り方や味が違います。

当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 ▼京つけもの<川久>北尾商店のHPです↓

  http://homepage2.nifty.com/kawakyu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)