日の菜漬に合うワイン

キャネー甲州 祝村川窪2016

  6
 
日本ワインの自然派の代表といえば、金井一郎さんの名が出てくる。
まだ金井さんのワインを飲んだことがないので、信頼するショップの方に聞いてみた。
まず、何から飲めばよいのかと・・・。
「甲州」だそうだ。

ブドウは甲州祝村川窪の甲州種、丹沢英一さんのものを買い付け、成分調整なし。自生酵母のみで発酵させている。

私独自の甲州ワインの感覚があって、それはノドに独特の引っかかり感がするということ。
ミネラルのキツさからくる感覚なのかは不明だけど、そのせいで甲州はあんまり・・・となる。



でも、このワインにはそれが無かった。
じわじわと旨みが迫ってくる。
癒し系ワイン。
コクが少しばかりあってアルコール度数が低いせいかスイスイ飲める。

春キャベツぬか漬日野菜漬に合いました。



  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/






| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲村ワイン 新酒BSM 2016

   3
大阪の羽曳野市にある仲村ワイン工房さんの新酒。

新酒を出されているのも知らなかった。
なので、即買い。

仲村さんといえば、がんこおやじやさちこシリーズくらいしか飲んでない。
あ、大阪メルローも飲んでたなぁ。

この新酒BSMというのは、プト゜ウ品種の略でBがバルベーラ、Sがサンジョベーゼ、Mがメルロだそう。

果実のどーんとした重み、豊かさが感じられる。


こんなワインには毎度のこと日野菜漬
よく漬かって酸味が出始めた春キャベツのぬか漬がよく合う。





  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三次ワイナリー TOMOEメルロー樽熟成2013

          1
三次ワイナリーは広島県三次市のワイナリー。
前に飲食店で飲んだことがあり、おいしさと広島産だということでダブルで驚いた。

今日はメルロ。
これも広島県三次産のメルロを使っている。
フランス産オーク樽で熟成している。

一口飲んで、ボルドーのワインと間違いそう、、、。
バニラの甘い香りと熟成によるまろやかさ。
深い味わいだ。


こういうワインには日野菜漬が間違いない。
ワインの深みがでてくる。





  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドメーヌ テッタ ブラン2015

 
    86

ドメーヌ テッタは岡山県新見市哲多にある。
岡山といえば、温暖な気候でフルーツ王国の印象がある。
とはいえ、今までワイナリーのイメージは無かったが
ようやく岡山にも良いワイナリーが出来たかとうれしくなる。

エチケットからオシャレさがうかがわれる。

ここテッタの畑はカルスト台地石灰土壌。
温暖な果実のボリューム感と土地のミネラルからの酸でバランスをとっているようだ。

ブドウは自社生産のものだが、裏ラベルを見ると醸造は長野県のヴィラヴェスト。
立ち上げ間もないドメーヌは醸造を他に頼むケースがよくある。
徐々に自社でやるのだろう・・・。

さて、この白ワインは11種の白品種と7種の赤品種を加えた18品種をブランとして醸造している。
適度なボリュームをキレイな酸でひきしめている。混醸しているだけに複雑さもある。
 
    85
少しボリュームのある白、ということで日野菜漬を合わせてみた。
甘さが出て、素晴らしいマリアージュになった。
    wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は京つけもの川久の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 

   
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボージョレ・ヌーボー2016

  68
今年もボージョレー・ヌーボーに日野菜漬赤かぶを合わせました。

今年は例年に比べスパイシーなような気がします。

日野菜漬の方が合う気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイズファーム シャルドネ2014

富山は氷見のワイナリー、セイズファーム。
私は自称、セイズファームの宣伝部京都支部長、笑。
リリース二年目のものを飲んでから、その完成度の高さに驚き、いっぺんにファンになった。

    41

このワインはブラインドで飲んだらブルゴーニュ・ブランと間違えそう。
私の好きなムルソーのニュアンスがある。
さらりとしながらリッチ。

このワインに富山のます寿司を合わせてみたがったが手に入らず、代わりに柿の葉寿司を合わせてみた。・・・が、イマイチ。
寿司飯には合うのだがネタ(特に青魚)に合わない。

お漬物は日野菜漬に合わせてみた。
煎り胡麻を振りかけて・・・。
よく合った。

 wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイズファーム カベルネ・ソーヴィニヨン2013

  34

日本ワインに注目しているが、その中でも特に注目しているワイナリー、セイズファーム。
富山県の氷見市にある。
過去のブログでもシャルドネとシャルドネオジコをレポート済。

カベルネとメルロのブレンドは過去飲食店で飲んだことがある。
かなり気に入った。
さて、カベルネ単体も多分・・・、と思いつつグラスに注ぐとビックリ!
黒い色調でエッジがオレンジがかっている。
「本当に2013年??」
香りは梅!
「もしかしたら、ブルの酸っぱめのワインみたいな味?」
恐る恐る口に含むとカラメルのような甘みが!!

優しく控えめなタンニン。カベルネ・ソーヴィニヨン特有の青っぽさは無い。

33


合せたお漬物は花菜漬日ノ菜漬

日ノ菜漬は日ノ菜の甘みとほのかな苦味にこのワインが合う。
花菜漬はお互いが共鳴し合うような、しっくりといくというようなマリアージュ。

     wine      wine      wine

        <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィラデスト プリマベーラ シャルドネ2013

この間ワイン会に持参していったセイズファームのシャルドネと一緒に購入したワインがある。それはヴィラデストワイナリーのプリマベーラシャルドネ。

セイズファームの醸造責任者の方が元々ヴィラデストにいらっしゃったということで同じ価格帯のシャルドネを飲み比べてみようと思ったのだ。

セイズファームはほんのり甘めで果実のボリュームもほどほど。樽香も少し感じる。
相対的にワイン初心者にも好まれる味だった。
和食に合うだろうし、氷見のブリにも合うだろう・・・。美味しいワインだった。

さて、ヴィラデストも同じ系統だろうと予想して飲んでみると、まるで違う。

  22

青リンゴのようなフレッシュさがあり、雑味が無くクリーンでミネラルを感じる。
天ぷら・・・、特に地鮎の天ぷらと共に食べたい感じ。

この日は日ノ菜漬と共に食べてみた。
ミネラル豊富なワインなので心配したが、合う。
やっぱり日本のワイン!
漬物とは友達だ。

  21

      wine      wine      wine

         <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

  京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五一わいん エコノミー赤  林農園

主人が上田の催事のお土産にと一升瓶ワインを買ってきた。

  21_2

   
やはり一升瓶!
湯呑茶碗でがぶがぶ飲むタイプ。
ブドウはベーリーAを中心に若干のコンコード。そこに赤ワインのプレス等が加わるらしい。
口当たりがよくドライながらほっとする甘さがある。

「懐の深いみそ汁のようなワイン」というリーデル社の言葉どおり、おばんざいに合いそう!

  23

日の菜漬と共に味わってみた。
う~~んheart04素晴らしいマリアージュ!!
ワインが次々と欲しくなる。
 

  22
次は田舎漬大根
田舎漬大根は青首大根のぬか漬だ。今日のは少し漬かりが深く酸味が出てきている。
これもこの優しい赤ワインに合う。

  20
今日のご飯はサンマの塩焼きだったのだが、これに合わせてもブラボーup
大根おろしと共に食べてもgood
その他ヒジキの煮物にも合うし、やはりみそ汁ワイン、恐るべし!!!

     wine      wine      wine

       <<ご注意>>

 

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

 

  京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンド酒造 シャンテYGロザート

 

  5

今日は山梨県のロゼワイン。
ブドウはベーリーA。

今まで飲んだダイヤモンド酒造さんのものはどれも好き。
これは程よい酸味があってイチゴと杏の風味がキュート。
かすかに残ったガスが軽快。
フレッシュ。

このワインは和食全般、主に家庭料理に合いそう。
日ノ菜漬にもバッチリ合う。

  wine      wine      wine

     <<ご注意>>

 漬物は作っているお店によって作り方や味が違います
当ブログでワインと合わせている漬物は北尾商店の漬物です。

  京つけもの<川久>北尾商店のHPです 
     http://homepage2.nifty.com/kawakyu/
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)